居宅介護 ぽかぽかケアマネージメントセンターの利用方法と料金

居宅介護支援事業所とは?

居宅介護支援事業所とは、指定を受けた介護支援専門員(ケアマネ-ジャー)がいる事業所になります。介護サービスを受けるために必要な「要介護認定」の申請代行や居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成を依頼する際の窓口となる場所で、

■要介護認定申請の代行及び、その他介護保険に関わる手続きの代行
■在宅介護、在宅生活に関する相談援助
■居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
■介護サービス提供事業者との連絡、調整
などの事業をしています。

居宅介護のサービス内容

介護保険居宅サービスの種類
・訪問介護(ホームヘルプ)
・訪問入浴介護
・訪問看護
・訪問リハビリテーション
・通所介護(デイサービス)
・通所リハビリテーション(デイケア)
・短期入所介護
・福祉用具貸与、購入等
・住宅改修
・居宅療養管理指導

対象となる方

介護保険サービスを利用できる方
【65歳以上】介護や支援が必要と判断(認定)された方
【40歳~64歳】特定の病気が原因で介護が必要になり認定を受けた方

※介護やリハビリ、福祉用具、住宅改修等どんな事でもお気軽にご相談ください。必要に応じて、ご自宅へ訪問もいたします。

ご利用方法

【1】介護サービスはお住まいの自治体で「要介護認定」を受けます。
   ↓
【2】介護保険の認定申請すると、調査員による訪問調査とかかりつけ医の意見書をもとに
  市町村で調査が実施され、要介護認定区分(要介護度)が通知されます。要介護度に
  よって利用できるサービスの種類、内容、一割の自己負担額などが異なります。
   ↓
【3】要介護認定を受けると、訪問や通所など、様々な介護サービスが利用できます。
  利用者お一人ひとりに適切なサービスを利用していただくため、ケアマネージャー
  が利用者と一緒に居宅サービス計画書(ケアプラン)作成します。

ご利用料金

全額介護保険からの給付となりますので、自己負担はありません。

居宅介護支援 ぽかぽかケアマネージメントセンター概要

PAGETOP